コーティング事業のご案内・主要製品・サービス
HOMEコーティング事業のご案内・主要製品・サービス
ディップコートでの圧倒的実績と光学分野で培った長年の経験確かな装置技術加工ノウハウで お客様を完全にサポート致します。

装置メーカーならではの技術、加工メーカーならではノウハウ・・・
両方手掛ける J.P.C のシナジー効果が、高付加価値製品の創出に貢献いたします。
【始まりはレンズ】
ひとえにコーティングといいましても、非常に多岐にわたる工法、塗料が存在しています。例えば、工法では、ディップ、スプレー、スピン、フロー、ロール等、また機能的に言えば、耐擦傷(ハードコート)、耐溶剤、帯電防止、反射防止、防曇、撥水等、更に硬化タイプとしては、熱硬化型、UV硬化型と様々なものがあります。

J.P.C がある福井県は有名な眼鏡の産地であり、当初レンズがガラスからプラスチックに代替が始まった時代に、ガラスに比べ表面硬度が乏しいプラスチックへのハードコーティングが必要とされました。

レンズをコーティングする関係上、膜厚精度と優れた外観が必要とされたために、J.P.C では各工法の中で高精度コーティングに最適と言われるディップ方式を採用し、プラスチックレンズ用のハードコーティング装置、及び、加工を多数手掛け、多くの実績を積んでまいりました。
ディップコーティング
【光学分野からの展開】
現在では、高精度なレンズへのハードコーティングで培った技術ノウハウを活かし、レンズ等の光学分野以外に、自動車内装品、家電製品、携帯電話・デジタルカメラ用LCDパネルや外装カバー、電子部品カバーといった様々なプラスチック成形品に展開しております。

2003年には大量生産と高品質が求められる、携帯電話・デジタルカメラ等のモバイル機器用LCD前面板向けとして、平板樹脂用コーティングラインを内製致しました。高い生産能力と高品質・高機能性が求められる業界で、お客様のニーズを満たす品質管理、及び、新機能膜開発に日々邁進しております。

加えて、近年ではガラス、金属といった無機材質へのナノスケール薄膜コーティングのニーズが高まる中で、J.P.C では自社の装置製造技術・加工技術を駆使し、長年の経験に基づいた確かな提案をさせていただいております。
コーディング事業
主要製品・サービス
■コーティング処理装置 (ディップコーター)
薄膜分野
R&D分野
■射出成形品 ハードコート受託加工 ■ハードコート板 加工販売
ハードコート受託加工
ハードコート板加工販売
HOME 会社概要 事業案内 お問合せ
Copyright J.P.C Co., Ltd. All Rights Reserved